SNSで恋活・婚活するときのメリットとデメリット

SNS出会いの基本

最近ではFacebook、Twitterなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)で知り合った男女が結婚に至るケースも珍しくなくなりましたよね。

あなたの周りにもSNSで出会って結婚した方がいらっしゃるんじゃないんでしょうか?

結婚する方達がいるくらいですからSNSは男女の出会いのツールとしてももちろん利用することができます。しかしSNSを出会いの場に利用するにはメリット・デメリットもあるので利点と欠点をよく理解してから利用するようにしましょう。

恋活・婚活にSNSを利用するメリット

まずはSNSを恋活・婚活に利用する場合のメリットから見ていきましょう。

利用者数が多い

Facebookで国内利用者約2,400万人、若者離れが激しいmixiでも約2,000万人の登録数があります。全てのIDが稼働しているわけではないので実数はこれより少なくなりますが、それでもこの数字は出会い系サイトなどと比べても段違いです。

分母が大きければ大きいほど出会える可能性は高まるわけですから両者が多いのは魅力ですよね。

無料で使える

SNSの利用料は基本的に男女共に無料です。メッセージを何通送ろうがプロフィールをいくら閲覧しようが無料です。もちろん月額利用料もかかりません。アバターの衣装が有料のように有料オプションがあるSNSもありますがほぼ無料と言って良いでしょう。

お金はかからないに越したことはないですから、ただで恋活・婚活できるとしたらお得ですよね。

大手企業が運営している

大手が運営していると言いますかFacebookの時価総額がコカ・コーラを上回っているなど運営元自体が大手です。mixiも東証に上場してますよね。

聞いたこともない運営元では登録情報の漏洩や悪用が心配になりますが、大手が運営しているSNSではセキュリティー面でも万全なので安心感があります。

恋活・婚活にSNSを利用するデメリット

続いてSNSを恋活・婚活に利用する場合のデメリットを見ていきましょう。

異性との出会いに特化していない

SNSでは利用者のほとんどが男女の出会いというよりは趣味友やコミュニティー参加を目的にしています。SNSを恋活・婚活目的で使った場合なかなかメッセージの返事がこないのが実情です。

実生活に近すぎる

SNSを既に利用されている方は本名や勤め先などを登録している方が多いですよね。

リアル世界の肩書を背負っての交際相手探しは厳しい物があります。その様子が元からの友人や所属しているコミュニティーにしれてしまうこともあります。

真剣に交際相手を探しているのだから構わないのではとお考えの方もいるかもしれませんが本名を出して何人もの異性に声を掛けるのはためらわれますし、なかなかおおっぴらに恋活できない人も多いのではないでしょうか。

出会い厨認定される

出会い厨とはSNSなどで出会いを求めて活動している人を揶揄する言葉です。

普段から趣味や仕事の交流場所としても使っているSNSで出会い厨と言うレッテルを貼られてしまうと今後SNSNの活動がしづらくなってしまいますよね。

以上の理由からどうしてもSNSでの交際相手探しは表立ってやりにくい雰囲気があります。

出会いにおすすめのSNS

Facebook

利用者数、稼働人数ともに現在ナンバーワンです。ただ、すでに利用されている方はプロフィールに勤務先まで書いてあったりするので出会い活動を始めにくいかもしれません。

Instagram

インスタグラムは写真投稿を主目的に利用している人が多いSNSです。もとからの利用者の方は既に写真を公開していたりといきなり恋活・婚活を始めるのは難しいかもしれません。

mixi(ミクシィ)

Facebookにおされて一時の盛況ぶりはありませんが、まだまだ利用者が多いSNSです。

Facebookに比べると活動をやりやすいですが、普段からmixi内での活動をしていないとメッセージを送っても相手にされない傾向があります。

Twitter

ツイッターは利用者数も多く有効な出会いツールとして使えます。

ただ、相互にフォローしあっていないとなかなか認識してもらえないので、普段からリプなどをしてまずは自分をフォローしてもらう必要があります。

昨今twitter発祥の事件が増えているので慎重に利用して下さい

アメーバピグ

Facebook、mixiと比べるとかなりカジュアルなSNSです。

アバターが可愛かったりゲームなどもあり出会い活動もやりやすいですが、利用者の年齢層が低いため全体的に子供向けな雰囲気があります。

GREE、Mobage

グリーやモバゲーはSNSというよりはソーシャルゲームサイトですが会員間のコミュニケーションが盛んでSNS的な側面もあります。

ただし、サイト内でのLINE IDやメルアドの交換が禁止されていたり、出会い活動をしているとすぐに強制退会処分を受けてしまうので実質的に出会いには使えなくなってしまいました。

他にもSNSはありますが利用者数の恩恵を受けられそうなSNSは上の6つぐらいです。Google+のサービスが停止されたりとSNSの淘汰も始まっているので今後さらに減ってしまうかもしれませんね。

SNSを利用しての出会いまとめ

SNSは趣味のコミュニティーに参加してそこで知り合った人と自然に交際が始まるパターンなら十分に出会いに使えます。

しかし彼女を作りたい!彼氏が欲しい!と言う積極的な活動をしたい場合にはデメリットが大きいのであまり向きません。

それに、どのSNSも活動実績がない人がいきなりメッセージを送ってもナンパ目的の出会い厨や業者と思われてしまい無視される場合が多いので、普段からSNS内で活動している必要があります。

また、SNSの出会いは大学の友人や職場の同僚と交際に至る過程と似ているので多くの人と交流をするのが得意な方に向いているといえます。

SNSで恋活・婚活するならメリット・デメリットを見極めてからにしましょう
タイトルとURLをコピーしました