インターネットはリアルで出会いが無い人の最後の砦

城壁出会いの基本

ネットは様々なチャンスが潜んでいます。

今まで誰とも付き合ったことがない人、そもそも異性が周りにいないような人にもネットは出会いのチャンスを提供してくれます。

職場や学校に異性がいないと言う現実

リアルな出会いから交際に発展するパターンとしてよく聞くのが会社の同僚や大学のサークル仲間から交際に発展するパターンですよね。

しかし、そもそも男ばかりの職場で女といえばパートさんだけとか、女ばかりの職場で男は上司の1人だけという環境は珍しくありません。学校も女子大なら男はいませんし、工学部や理学部などでは学科にもよりますが女性の割合が1割以下なんてこともあります。

そのような同性ばかりの環境で出会いを求めると合コンなどに参加することになるわけですが

人見知りで初対面の人と話すのが苦手

な人には合コンから交際に発展させるのは難しいですよね。

そもそも合コンに誘われたことがない、自ら幹事になってというのも…合コン相手のツテもないし…という方も多いんじゃないでしょうか?

他にも友人からの紹介で彼氏彼女ができたというのもよく聞きますが、次々に新しい人を紹介する友達がいれば別ですが多くても何ヶ月かに1人とかですよね。運が良ければ交際に発展しますが交際相手を見つけるのに頼るには心もとないですよね。

大学ですとインカレサークルに参加して他校の異性と知り合う機会を作ることも出来ます。出会いという意味ではインカレサークルはアリですがこちらも知り合える人数が数人であったりするのでやはり心もとない感じがします。それに、交際相手を見つけるためにサークル活動をしていると周りの目が痛いですよね。

街コンで交際相手を見つける人は多いですが…

ここ何年かで街コンという言葉も定着してカジュアルな出会いの場として利用されていますよね。

しかし、街コンに参加されたことがある方はおわかりかと思いますが

街コンは一部のコミュ力の高い人しか楽しめない

ものです。

街コンは積極的に異性に話しかけられるような人、初対面の人とでも話を弾ませることができるようなコミュ力が高い人には向きますが、他人と打ち解けるのに時間がかかる方や人見知りの方には厳しいと言う現実があります。

街コンが終わって家に帰ってため息をついた経験がある方も多いのではないでしょうか?

相席居酒屋なるものもありますが…

最近では街コンよりもより少人数でカジュアルな出会いの場として相席居酒屋なるものも出現しています。

ヤフーニュースで取り上げられたりしたので一気に知名度が上がりましたよね。

相席居酒屋は突発的な合コンのようなものなのですが、相席居酒屋もコミュ力がかなり要求されるのは街コンなどと同じで初対面の人と話すのが苦手であったり人見知りの人には向きません。

相席した人が積極的に話してくれたりしてくれれば良いのですが

もし相席した人も人見知りで口数の少ない人だったらと想像してみてください

そっとしますよね?

それに、

こいつただ酒くらいにきただけだな?

としか思われない女性もいます。

相席した女性をガールズバーやキャバクラのキャストと勘違いしてるんじゃないの?

という男性客もいます。

このように相席居酒屋は相席相手に恵まれないと不愉快な思いもすることもあります。

ネットはリアルで出会いがない人の最後の砦

職場や学校で出会える人合コンや街コンでも出会える人はそれらを利用したら良いのですが、職場や学校に異性はいないし合コンや街コンもちょっと…と言う方の出会いはインターネットが最後の砦です。

けれどネットでの出会いというと

  • ネットでの出会いはいかがわしい感じがする
  • 事件に巻き込まれそうで怖い
  • 詐欺にあいそう

と言う印象を持たれる方も多いですよね。

実際、SEX目的のいかがわしい出会い系サイトもありますし、ニュースでTwitterなどのSNSで知り合った人に殺されたと言うのもたまに見ますし、悪質サイトで詐欺被害にあってしまう人もいます。

しかしよく考えてみてください。街コンや合コンでもヤリ目(エッチ目的)の人もいますし、結婚相談所で紹介されたのに結婚詐欺被害にあってしまう人もいますよね

ネットが発端だと大きく報道されやすいので目立ちますが事件はいたるところで起きているのです。

しかも事前にきちんと調べておくことで大半の危険は回避でき、危険度もリアルな出会いと同等あるいはそれ以下に抑えることができます。

例えば出会い系サイト1つとってもそうです。

出会い系サイトはサイトによって特色があります。

真面目に交際相手を探したい人々が集まる婚活サイトに近いサイトからアダルトな出会いを求める人が集まるサイトまで出会い系サイトには幅があるのです。

あなたが真剣に交際相手を見つけたいのにアダルトな出会い系サイトに登録してしまってはあなたの望む交際相手に出会えませんし、逆にアダルトな出会を求めているのに真面目な出会い系に登録してしまってはなかなか出会うことはできないのです。

SNSや出会い系サイトを利用する前によく調べて自分の目的にあったSNSや出会い系サイトを選ぶことが大切です。

人見知りの人でもネットでなら出会える

ネットでの出会いでは

  • SNSやマッチングサービスでメッセージを送る
  • 掲示板の書込を見てメールを送る

ことから始まります。

つまり、ネットでの出会いはいきなり顔を合わすことも話す必要もないのです。

ネットでの出会いは通常メッセージを送って返事が来たり、あるいはメッセージを貰ったりしたら何通かメッセージのやり取りをしてからLINE IDやカカオ(無料チャット通話アプリ)の交換となります。

その後はLINEやカカオでお互いの情報や写真を交換していき、気があったら通話に発展させていきます。

ある程度相手のことがわかってから話すことになるので人見知りの人でも初対面の人といきなり話すよりはずっと楽ですよね。

そして、通話やLINEなどを重ねてから会ってみようか?と言う運びになります。

実際に会う場合でも通話やLINEで話したことがある人と会うわけですから、話題もそれなりにあるので話すことがないとか過度に緊張して話せないということもありません。

ネットでの出会いは出会える人数が桁違い

SNSの利用者はFacebook、mixiなどは数千万人規模ですし、出会い系サイトでも大手では7、800万人から中には2千万人を超える登録者数を誇っているサイトもあります。

もちろん同時にコンタクトを取れる人数に限界があるのであまり多くても仕方ありませんが、ネットではコンタクトをとる前にプロフィールなどの情報で選別できるので登録者数が多いほどあなたの望む相手が見つかる可能性が大きくなります

合コンだと3、4人、街コンでも数十人しか一度に知り合うことはできませんよね。

その中に自分の望む人がいるとは限りませんしむしろいない場合のほうが多いのではないでしょうか?

自分の希望のタイプの人と出会うには回数をこなさなければなりませんが、100回参加したとしても知り合える可能性がある人数はネットにはかないません。

まとめ

インターネットを出会いに活用すると

  • まわりに異性のいない環境の人でも出会える
  • コミュ力がなくても出会える
  • 多くの人と知り合えるので希望の相手と出会える
  • 目的にあったサイト選びをしないと出会えない

と言うことになります。

異性と知り合う機会が少ない方、初対面の人と話すのが苦手な方、今まで良い出会いに恵めれなかった方はネットでの出会いを選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

もちろんそこそこ異性と知り合えるけれどもっと視野を広げて出会いのチャンスを増やしたい方にもネットでの出会いはおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました